古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

バーナード リーチBernard Leach 1887〜1979

香港で生まれる。英国人。スレード美術学校、ロンドン美術学校に学び、1909年に来日。1911年六世尾形乾山に師事し作陶を本格的に始める。富本憲吉・柳宗悦・浜田庄司・河井寛次郎らと交わり、のちに民芸運動に深くかかわり合っていく。1920年浜田庄司を伴い帰英、セント・アイブスにて登窯を築く。1934年4度目の来日。現代日本民芸展の開催を準備し、日本民芸館設立に尽力した。朝鮮・シベリアを経て帰英。1949〜50年スウェーデン・ノルウェー・デンマーク、そして英国にて個展開催。1958年米国で巡回展、1961年来日。大原美術館の浜田・富本・河井・リーチらの各展示館の開設式に出席する。世界各地で作品の発表を行うなど近代陶芸を国際的に紹介した功績は大きい。また、陶芸に関する著作も多い。1966年日本政府より勲二等瑞宝章を受章。1972年視力低下により作陶を断念。1979年5月6日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「日本絵日記 柳宗悦訳」朝日新聞社1955
「乾山 四大装飾芸術家の伝統」1967
「東と西を超えて」日本経済新聞社1982

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved