古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

藤田喬平(ふじた きょうへい 1921〜

東京都新宿区百人町に生まれる。1944年東京美術学校工芸科彫金部卒業。1946年第1回日展にて鉄オブジェ「波」が初入選するが、ガラス工芸に強く惹かれ1947年岩田工芸硝子に入社。三和特殊ガラスの協力を得て独立、本格的に制作活動を行う。1957年上野松坂屋にて初個展。その後も個展を中心とした作品発表を続けていく。また、ドイツ・デンマーク・スウェーデンなどの美術館で個展を開くなど国際的にも評価される。1998年には米G.A.Sよりライフスタイル・アチーブメント賞受賞。透ガラスに雲母を散らした小品の制作から、1977年のヴェニス行を通して色ガラスへと移行。金箔を施すなどした飾筥等、伝統的な美しさのなかにどこか新鮮な感覚が表現されている。近年ではオブジェの制作を行う。1989年日本芸術院恩賜賞を受け、日本芸術院会員となる。1996年宮城県松島町に藤田喬平美術館が設立。1997年文化功労者。2002年文化勲章受章。

 

 

主な収蔵先

東京国立近代美術館
北海道立近代美術館
千葉県立美術館
広島県立美術館
ルーブル装飾美術館
コーニングガラス美術館

画集及び文献


「藤田喬平手吹ガラス作品集」アート社出版1981
「雅の夢 藤田喬平作品集」京都書院1986

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved