古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

浜田庄司(はまだ しょうじ 1894〜1978

神奈川県川崎市に生まれ、栃木県益子町で歿。1916年東京高等工業学校窯業科を卒業、京都市立陶磁研究所に入り研究を重ねる。1920年在日中のバーナード・リーチに誘われ共に渡る渡英。コーンウォールのセント・アイヴスに登窯を築いて制作を行い、ロンドンで初個展を開催。1924年帰国後、栃木県益子に基盤をつくって制作をつづけた。1936年柳宗悦・河井寛次郎らとともに民芸運動を推進していく。1931年益子い登窯を築いて、朝鮮や日本各地の民窯雑器のもつ素朴な美しさに共鳴、逞しくも気品のある作風を確立。1955年民芸陶器の重要無形文化財保持者に認定。1962年柳の跡を継いで1973年ロンドン王立美術大学より学位を授与される。1978年1月5日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「浜田庄司作品」日本民芸館1961
「自選浜田庄司陶器集」朝日1969
「浜田庄司七十七碗譜」日本民芸協会1975
「無盡蔵」朝日新聞社1975
「浜田庄司蒐集 益子参考館」学研1976

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved