古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

平櫛田中(ひらくし でんちゅう

1872〜1979

岡山県西江原村に生まれ、東京に歿。本名は田中倬太郎、のちに平櫛家の養子となる。大阪で人形師・中谷省古に彫刻を学び、1897年より東京にて高村光雲に師事する。1914年日本美術院再興に彫塑部主宰として参加してから、1961年の解散まで発表を続ける。東京藝術大学にて教鞭をとりつつ、1958年に「鏡獅子」(東京国立近代美術館蔵)を完成させる。1962年文化勲章受賞。1969年には郷里井原に市立田中美術館が設立される。独自の世界感を持った特徴的なフォルムで多くの人を魅了した。1979年12月30日逝去。

 

 

画集及び文献


「鉄砲虫の一生」平櫛田中1967
「百寿記念 平櫛田中彫啄大成」講談社1971
「彫 平櫛田中の世界」山陽新聞社1980

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved