古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

石黒宗麿(いしぐろ むねまろ

1893〜1968

富山県射水郡作道村(現在新湊)に生まれ、京都で歿。1912年慶応義塾大学普通部を中退して汽船会社に勤務。1916年生家で楽焼を試みて陶芸に興味を抱く。1919年上京して渋谷区松涛に楽焼窯を築き作陶。以後、1922年福島県白河,1923年埼玉県小川町,1925年石川県金沢,1927年京都市東山区今熊野南日吉町と次々に仕事場を移していった。1929年はじめて唐津に赴き古唐津について学ぶ。1935年京都市八瀬近衛町に陶房を築き、定住。1937年パリ万国博に「唐津風大鉢」を出品し銀賞。1940年木の葉天目の焼成に成功、翌1941年には柿天目・黒定・河南天目といった宋磁の技法を確立。同年商工展商工大臣賞受賞。1953年天目釉によって文化財保持者に認定、1955年には鉄釉陶器にて重要無形文化財保持者に認定される。同年、日本工芸会の結成に参加、理事に就く。1968年6月3日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved