古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

板谷波山(いたや はざん

1872〜1963

茨城県下館市に生れ、東京で歿。1894年東京美術学校彫刻科を卒業後、石川県工業学校彫刻科主任教授として金沢に赴任。のちに彫刻科廃止に伴ない陶芸科へ異動、本格的に陶芸の研究を始める。1903年東京高等工業高校窯業科嘱託となり、東京・田端に築窯。1906年初窯にて焼成に成功、陶芸家としての道を歩み始める。1907年東京勧業博覧会で三等受賞。1928年第3回帝展で「彩磁草花文花瓶」が帝国美術院賞受賞、翌29年帝国美術院会員。1934年帝室技芸員となる。1953年陶芸家として始めて文化勲章を受章。白磁・青磁・彩磁など精巧にして品位の高い名品と呼ばれるものをつくり上げ、また新しい釉薬の研究と特色のある造形に独自の境地を見出した。帝展の工芸部設置にも尽力、東陶会を主宰し後進を育成するなど、近代陶芸の指導者として先覚的な役割を果たした。1963年10月10日逝去。

 

 

画集及び文献


「板谷波山傳」板谷波山傳編纂委員会・茨城県1967
「出光美術館選書 板谷波山」出光美術館1969
「板谷波山 近代の美術33」至文堂1976
「現代の陶芸 第2巻」講談社1976
「やきものの美 現代日本陶芸全集第1巻」集英社1980
「現代日本の陶芸 第1巻」講談社1985
「出光美術館蔵品図録 板谷波山」出光美術館1988
「日本の陶芸 現代編 第1巻」中央公論社1992

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved