古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

隠崎隆一(かくれざき りゅういち

1950〜

長崎県福江市木場に生まれる。1973年大阪美術大学デザイン学科卒業後、一旦は商業デザインの道に進むが1977年備前焼に惹かれ岩本修一に学ぶ。1979年備前陶芸センターを修了し、伊勢崎淳に師事。1985年岡山県長船町に登窯を築窯、独立。1986・88年岡山県展奨励賞,1986・90年一水会展一水会賞を受賞し、1987年日本伝統工芸展に初入選。1987・93年田部美術館〈茶の湯の造形〉展では優秀賞を獲得する。伝統的な備前焼のかたちにとらわれることなく自由な造形を生み出し、多彩な焼締めの陶技によって独自の作風を確立した。1990年日本工芸会正会員。1988年岡山での初個展以来、全国各地にて作品の発表を行う。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved