古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

加守田章二(かもだ しょうじ

1933〜1983


大阪府岸和田市に生まれ、栃木県益子に歿。1952年京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入り、富本憲吉・近藤悠三らに指導を受ける。1935年在学中に新匠会に入選。1956年卒業後、日立製作所に入社、日立市大甕陶苑の技術員となる。1958年栃木県益子の塚本製陶所へ出向、作陶の研究を始める。のちに同地にて独立し、1960年初個展を開催。翌61年には日本伝統工芸展にて初入選、1964年日本工芸会正会員となる。1966年日本陶磁協会賞、1969年高村光太郎賞を受賞。この頃までは灰釉・焼〆といった素朴で力強い作品が多い。1968年に日本工芸会を退き、翌69年より岩手県遠野に陶房を築いて作陶生活に入る。遠野以降、曲線彫文や彩陶など変化に富んだその作風は、決して一点に留まることはなく次々と新境地を拓き、その品位も保ちつづけたことは彼の偉業である。1974年「刻文壷」により芸術選奨文部大臣賞受賞。1983年2月26日逝去。1987年には東京国立近代美術館にて回顧展が開催される。

 

 

画集及び文献


「現代日本の陶芸 第4巻」講談社1982
「加守田章二作品集」彌生画廊1984
「加守田章二作品集」彌生画廊1990
「日本の陶磁 現代編 第4巻」中央公論社1992
「加守田章二」世界文化社1994

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved