古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

加藤重高(かとう しげたか

1927〜


愛知県瀬戸市に生まれる。父は加藤唐九郎、岡部嶺男は長兄。瀬戸窯学校を卒業したのち父・唐九郎について陶芸を学ぶ。初期においてオブジェなどを盛んに制作するが、のち表現方法を大きく転換し「刻文方壷」により日展特選を受賞。1966年日本陶磁協会賞。日本現代工芸展現代工芸賞,朝日陶芸知事賞他各展にて賞を受けるが、1971年以後個展をとおしての作品発表のみを行う。織部・志野・黄瀬戸・唐津の茶陶を中心として伝統的な陶技を発揮する。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved