古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

加藤卓男(かとう たくお

1917〜


岐阜県多治見市市之倉町に生まれる。父は5代目加藤幸兵衛。1935年多治見工業高校を卒業し、京都国立陶磁器研究所陶芸科にて研修を受ける。戦火をかいくぐり広島にて被爆、戦後しばらくの間静養を続ける。1955年頃より健康を回復し本格的に陶芸に打ち込む。翌56年には第13回日展に「黒地緑彩花瓶」が入選。1961年フィンランド政府の招聘を受けフィンランド工業美術学校に留学。その間、中東各地を訪ねペルシア陶器に興味を抱き、以来ペルシア陶器の研究を始める。1973年イラン・パーレヴィー王立大学付属のアジア研究所に留学。イラン国立考古博物館・東大イラン・イラク遺跡発掘調査団に協力し、現地の発掘調査に参加する。これらの成果として、17世紀から途絶えていたラスター彩の再現に成功、また藍釉・三彩の研究にも取り組む。1980年宮内庁正倉院の委嘱で正倉院三彩の復元を試み、8年かけて「三彩鼓銅」「二彩鉢」を完成させる。1983年多治見無形文化財保持者及び岐阜県重要無形文化財保持者に認定。1991年日本陶磁協会金賞を受ける。1995年三彩により重要無形文化財保持者に認定される。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved