古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

河井寛次郎(かわい かんじろう)

1890〜1966


島根県安来に生まれ、京都に歿。1914年東京高等工業学校窯業科を卒業ののち、京都市立陶磁器試験場に勤め研鑚を積む。1920年京都・五条坂の清水六和の窯を譲り受け、本格的に作陶を始める。中国・朝鮮の古陶磁から学び三彩・青磁・三島などを独自の感性を通して制作していくとともに、スズ結晶といった新しい釉薬を研究し生み出していった。1924年浜田庄司を介して柳宗悦を知り、共に民芸運動を推進させる。以後、「用の美」としての陶芸を追求、変化に富んだ造形のなかに素朴な親しみを感じさせる作品を多く生み出した。辰砂釉に特色がある。また手・人物といった木彫作品も手がける。1937年パリ万博にて「鉄辰砂草花丸文大壷」を出品してグランプリを受賞、高い評価を確立した。1957年ミラノ・トリエンナーレ展で「花文菱形扁壷」によってグランプリ受賞。1966年11月18日逝去。

 

 

画集及び文献


「六十年前の今」東峰書房1968
「いのちの窓」東峰書房1975
「河井寛二郎・木の仕事」河井寛二郎記念館1976
「河井寛二郎作品集」朝日新聞社1980
「陶技始末」文化出版局1981
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved