古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

川喜田半泥子(かわきた はんでいし)

1878〜1963


大阪市に生まれ、三重県津市に歿。1899年早稲田大学商学部卒業。1903年百五銀行取締役、1919年同行頭取。実業家でありまた、三重県議会議員を務めるなど政治においても活躍した。その一方で早くから陶芸に親しみ、書・絵画・陶芸に多くの作品を遺した。1929年自宅に築窯し、1934年には登窯を設計、築窯するに至る。1937年東京星ヶ岡茶寮で作陶展を開催。1939年金重陶陽・三輪休雪・荒川豊蔵らとからひね会を結成。1946年には津市広永に陶苑を設けて後進の育成にも力を注ぐ。自由奔放な作風で特に茶陶に没頭する。「昭和の光悦」とも呼ばれるほど高い評価を受けた。「泥仏堂目録」「乾山考」といった著書もある。1963年10月26日逝去。

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved