古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん) 1883〜1959

京都市に生まれ、神奈川県北鎌倉で歿。生家は上賀茂神社の社家。生後すぐに養子に出され、転々としたのち福田武造の家に拾われる。竹内栖鳳らの活躍に刺激を受け画家を志すが、書・篆刻に力を発揮。1903年に上京、翌1904年日本美術展覧会にて隷書の千字文を出品し一等賞を受賞。1905年岡本可亭の内弟子となり、1907年福田鴨亭と号し独立する。1910〜12年朝鮮・中国へ赴く。帰国後は金沢の須田菁華窯にて染付・赤絵を作陶し、大田多吉から料理・調度について学ぶ。1919年中村竹四郎と大雅堂芸術店(のちの大雅堂美術店)を開き、1921年より会員制の美術倶楽部をはじめる。1925年日枝神社内に星岡茶寮を開いて、自ら料理や食器の演出を行う。翌1926年北鎌倉山崎に星岡窯を築窯。1936年中村竹四郎との関係悪化から星岡茶寮を去り作陶に専念、織部・備前・信楽・染付・赤絵など伝統のなかで独創性を発揮していく。あまりに強い個性のために人々の反感を買うこともあったが芸術に対する認識は深く、陶芸・書・篆刻・絵画など幅広い分野において創作活動を行った。1954年ニューヨーク近代美術館にて作品展。1955年重要無形文化財保持者に認定されたがこれを辞退。1959年12月21日逝去。

 

 

画集及び文献


「独歩−魯山人芸術論集」美術出版社1964
「北大路魯山人作品図録」徳間書店1972
「魯山人の陶器」光芸出版社1977
「北大路魯山人秀作圖鑑」グラフィック社1979
「魯山人の料理天国」文化出版局1980
「北大路魯山人 陶芸の世界」世界文化社1980
「北大路魯山人」雄山閣1983
「魯山人著作集」五月書房1983
「図鑑 北大路魯山人の食器」 工芸出版1990

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved