古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

小山富士夫(こやま ふじお) 1900〜1975

岡山県浅口郡玉島町に生まれ、岐阜県土岐市で歿。1923年東京商科大学を中退し、瀬戸・京都にて陶芸を学ぶ。1930年東洋陶磁研究所の所員となり、古陶磁の調査及び研究に力を注ぐ。1941年東京帝室博物館に入り、文化財保護委員会発足後は同美術工芸課・無形文化課に勤務し、日本陶磁学会や日本工芸会の設立に尽力。1961年退官後、再び作陶活動を始める。1972年土岐市に花の木窯を築窯。1973年東洋陶磁学会を設立、委員長に就任。「支那青磁史(1943)」「宋磁(1943)」「東洋古陶磁(1961)」などの著書があり、古陶磁研究に多大の功績を残した。1975年10月7日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「歴史公論 趣味の陶磁器」雄山閣1938
「支那青磁史稿」文中堂1943
「日本の陶磁」東都文化社1954
「東洋古陶磁」美術出版社1954
「壷」淡交新社1965
「日本の陶磁」中公美術1967
「日本陶磁の伝統」淡交新社1967
「日本陶磁総覧」淡交社 1969
「出光選書 中国陶磁」平凡社1970
「中国台湾やきものの旅」芸艸社1975
「小山富士夫著作集」朝日新聞社1977
「骨董百話」新潮社1977
「小山富士夫著作集(中)日本の陶磁」朝日新聞社1978
「陶磁体系38 天目」平凡社1980

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved