古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

黒田辰秋(くろだ たつあき) 1904〜1982

京都生まれ、同地で歿。漆匠であった父・黒田亀吉の仕事場で木工や漆工の技術を体得。1929年上賀茂民芸協団を組織。1934年志賀直哉らの推奨を受け初個展を開催。刳物(くりもの)や指物(さしもの)の木工とともに乾漆や螺鈿といった漆芸を駆使し幅広く活躍する。重厚なつくりのなかにシャープでキレのある独自の作風を確立した。日本民芸協会・国画会・日本工芸会に所属。1968年皇居新宮殿に拭漆樟大飾棚、扉飾、椅子、卓を制作。1970年木工芸にて重要無形文化財保持者に認定された。1982年6月4日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「黒田辰秋 人と作品」駸々堂1972

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved