古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

楠部彌弌(くすべ やいち) 1897〜1984

京都市に生まれ、同地で歿。陶磁品の貿易を営む家庭に生れる。1913年京都市立陶磁器試験場特別科に学び、16年赤土社の結成に参画し尖鋭的な活躍をはじめる。1924年パリ万博で受賞。1927年工芸部が新設された第8回帝展に初入選。以後、帝展といった官展にあって造形に新境地を拓き、1943年第14回帝展で「青華甜瓜文菱口花瓶」が特選を受ける。 また1932年燿々社、1953年博埴会,青陶会の結成など、後進の指導にも尽力した。1937年「彩梃(さいえん)」と名付けた独自の技法を発表。個性的な創造により多彩な作風と生み出し、近代陶芸に多大な功績を残した。1954年日本芸術院賞受賞、1962年日本芸術院会員。1977年パリ装飾美術館にて回顧展を開催し高い評価を得る。1980年文化勲章受章。1984年12月18日逝去。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved