古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

松井康成(まつい こうせい) 1927〜

長野県北佐久郡望月町に生れる。1952年明治大学文化部卒業。1937年茨城県笠間市の浄土宗月崇寺住職を継ぐ。1959年頃廃窯となっていた山門下の窯を再興し、東洋陶磁の研究に勤しむ。1967年田村耕一に師事。中国・宋代磁州窯に流れをくむ練上手の技法を研究し、独自の観点から現代的な作品を生み出していった。1969年第9回伝統工芸新作展に「練上手大鉢」を初出品し奨励賞、1971年には日本伝統工芸展日本工芸総裁賞、1974年日本陶磁協会賞など受賞を続ける。以後、釉がはじけて割れる練上嘯裂(しょうれつ)文や象嵌瓷など新たな技法に対し積極的に研究を続け、数多くの賞を受賞する。1993年重要無形文化財保持者に認定。

 

 

画集及び文献


「松井康成練上作品集」講談社1990

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved