古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

宮之原謙(みやのはら けん) 1898〜1977

鹿児島県に生まれ、千葉県で歿。1916年早稲田大学理工学部建築科を中退。1924年頃より陶芸を志し、2代宮川香山に師事する。そののち板谷波山が主宰する東陶会に参加。1929年第10回帝展に初入選し、1931年第12回帝展「銀河陶製照明」,1932年第13回帝展「磁器象嵌花挿」ともに特選を受ける。1933年新潟陶苑を築き後進の指導にあたるとともに官展に出品。1946年茨城県筑波山麓に築窯、1948年に千葉県松戸市に移築する。1957年「空」により日本芸術院賞受賞。1969年日展理事。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved