古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

森陶岳(もり とうがく) 1937〜

岡山県備前郡伊部に生まれる。父は窯元六姓家の森秀次。1959年岡山大学特設美術科を卒業ののち、1962年郷里にて作陶活動を始める。1963年日本伝統工芸展に初入選し、以来入選を続け、1966年日本工芸会正会員となる。砂壷,彩文土器などが評価され1969年日本陶磁協会賞受賞。陶片や資料をもとに大窯による焼成研究を重ね、1972年兵庫県相生郡西後明に大窯を築窯、1979年完成。翌年火入れを行い60日間に及ぶ焼成を経て備前大甕・大壷を完成さえその評価を確立。その後岡山県牛窓町の寒風陶芸の里に53メートルにも及ぶ直炎式登窯の大窯を築き、1985,94年に焼成。室町期に最高水準に達した大窯による備前焼の解明に取り組む。1996年岡山県重要文化財保持者に認定。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved