古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

中里無庵(なかざと むあん) 1895〜1985

佐賀県唐津に生まれ、同地に歿。11代中里太郎右衛門天祐の次男。1914年佐賀県立有田工業高校別科製陶科卒業。唐津にて窯業に携わり1922年材木商の家に養嗣子となるが、天祐の歿後1927年に12代中里太郎右衛門を襲名する。1929年より古唐津の窯址調査を始め、古窯址や陶片資料を基に研究に励む。古唐津の伝統を復興、それを現代茶陶に呼び覚まし叩き技法を用いた独自の作風を生み出していく。1955年唐津焼の無形文化財記録保持者に認定。1969年京都大徳寺にて得度し無庵の号を受け、13代に家督を譲る。1976年唐津焼にて重要無形文化財保持者に認定。1985年1月5日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「十二代中里太郎右衛門唐津作品集」講談社1975

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved