古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

中里太郎右衛門(なかざと たろうえもん) 1923〜

佐賀県唐津に生まれる。12代中里太郎右衛門(のち無庵)の長男。1943年東京高等工芸学校工芸図案科卒業。1946年加藤土師萌が唐津の古窯址調査を行った際に参加、その後師事して古唐津復元の指導を受ける。1951年第7回日展に「陶彫牛」が初入選、その後も入選を重ねる。1961年日本陶磁協会賞受賞。1967年日展会員。1969年13代太郎右衛門を襲名する。1966年韓国古陶磁調査、1970年東南アジア古陶磁調査などの視察を続けながら、現地にて作陶も行う。1981年改組第13回日展で内閣総理大臣賞、1984年日本芸術賞を受賞。唐津焼の伝統を示しつつも現代的感覚によって独自の作風を追求する。古陶磁のコレクションも多く研究者としての評価も高い。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「十三代中里太郎右衛門」講談社

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved