古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

清水卯一(しみず ういち) 1926〜

京都市東山区生五条に生まれる。生家は五条坂の京焼陶磁器卸問屋。1940年立命館商業学校を中退して石黒宗麿に師事、中国陶磁について学ぶ。1941年国立京都陶磁試験場伝習生となる。1943年京都市立工業研究所窯業部助手を勤める。1945年研究所を辞し、自宅を陶房として本格的に作陶をはじめる。1951年第7回日展に「柚子肌釉大皿」が初入選。1953年現代日本陶芸展で朝日新聞社賞(以後4年連続)、1955年日本陶磁協会より最優秀作家賞を受け、1960年第7回日本伝統工芸展にて「鉄釉大鉢と小鉢」が高松宮総裁賞を受賞。また、海外においても1958年「柿釉深鉢」でブリュッセル万国博グランプリを受けたのを皮切りに、多くの受賞を重ね国際的にも認められた活躍をみせている。1970年京都五条坂より滋賀県湖西の蓬莱山麓に陶房を移し、築窯。初期の柿天目そして貫入が見られる青磁から、蓬莱山の土を活かし青白磁に近い蓬莱磁・鉄燿をいった新しい作風へと移りかわる。1977年日本陶磁協会金賞。1985年鉄釉陶器により重要無形文化財保持者に認定。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved