古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

鈴木治(すずき おさむ) 1927〜

京都に生まれる。父は永楽善五郎工房で轆轤の名手として知られた鈴木宇源治。1943 年京都市立第二工業学校窯業科卒業。1946年中島清・八木一夫らによって結成された青年作陶家集団に参加。1948年新たに走泥社を結成し、以後出品を続ける。1949年新匠美術工芸展にて受賞。1960年第6回日本陶磁協会賞、1962年プラハ国際陶芸展金賞を受賞する。動物・雲・風などを主体とした抽象的なフォルムを素朴で力強い焼締めや影青(青白磁)によって表現し、近代陶芸において革新的な先駆者として活躍する。また、現代感覚に基づく実用的なクラフト作品も制作している。1983年日本陶芸展日本陶芸展賞,1984年日本陶磁協会金賞,1985年毎日芸術賞,1994年京都美術文化賞,1998年第30回日本芸術大賞など数々の賞を獲得。1985年には日本経済新聞社主催による回顧展開催。1979年〜92年京都市立芸術大学美術学部教授。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved