古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

田村耕一(たむら こういち) 1918〜1987

栃木県佐野市に生まれ、同地で歿。1941年東京美術学校図案科を卒業ののち、大阪府商業学校教諭として赴任。1946年京都・松風研究所に入り冨本憲吉に学ぶ。1948年郷里の赤見窯の初窯より参加、栃木県芸術祭にて芸術祭賞を受け浜田庄司の目に留まる。1950年栃木県窯業指導技官となり、1953年自邸に登窯を築く。酸化鉄を用いて釉下に文様をあらわす鉄絵を得意とし、また青磁銅彩など磁器においても独自の発想にて新境地を切り拓いた。1958年日本陶磁協会賞、1960,61年日本伝統工芸展奨励賞を受賞。翌62年日本工芸会正会員となる。1967年イスタンブール国際陶芸展グランプリ金賞を受ける。1977年東京芸術大学教授(のち名誉教授)、1986年鉄絵にて重要無形文化財保持者に認定。1987年1月3日逝去。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「陶芸の技法」雄山閣1970

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved