古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

和太守卑良(わだ もりひろ) 1944〜

兵庫県西宮市生まれ。1967年京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻を卒業し、長崎太郎に招かれ高知県安芸にて古窯の復興にあたる。1975年安芸を離れて、1976年茨城県笠間市に移住し築窯、素地に地土を用いて作陶生活に入る。日本陶芸展,日本伝統工芸展において連続して入選を果たし、1983年日本工芸会会員となる。1980年ファエンツァ国際陶芸展金賞,1988年日本陶磁協会賞を受賞する。作品はすべて手びねりで成形され実用性を伴う独創的なかたちに仕上げられる。その器面に施された踊文・其風文・連蕾文・風草文・雲花文などといった文様はオリジナリティに溢れ、独自の美的世界を築き上げていった。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved