古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

若尾利貞(わかお としさだ) 1933〜

岐阜県多治見市に生まれる。美濃という土地柄焼き物に親しんで育ち、独学にて陶芸を学びその技術を身につける。1960年中部美術展,1963年朝日陶芸展ともに初入選し、志野焼において新風を巻起こす。現代陶芸としての志野の中に琳派的要素をうまく織り交ぜ、素朴にして味わいの深い作品を生み出す。1970年日本工芸会正会員。国内外において作品を発表する。英国ロイヤルアルバート美術館・ストックホルム美術館に作品買上げ。多治見市重要無形文化財技術保持者に認定

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved