古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

山本陶秀(わかお としさだ) 1906〜1994

岡山県備前市伊部生まれ。本名、政雄。1922年より陶芸をはじめ、1938年楠部彌弌に師事する。1939年第6回中・四国九県聯合工芸展で優秀賞を受賞することで陶芸作家として認知され、1948年丸技保存に認定。1954年岡山県重要無形文化財保持者、1959年日本工芸会正会員、1970年同会理事となる。特に茶陶についての活躍は著しく、高いロクロ技術によって品格ある作品に定評がある。1972年岡山県文化賞、1975年山陽新聞文化賞・三木記念賞。1976年備前市功労賞、1977年には毎日芸術賞を受賞する。備前で3人目となる人間国宝(国指定重要無形文化財保持者)に1987年認定。1991年の日本六古窯サミットより、備前の技法で他の窯の土を使かう作品作りを志し、自らの領域を広げていった。同年備前市名誉市民に選らばれる。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


「備前 山本陶秀」毎日新聞社1974
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved