古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

福田平八郎(ふくだ へいはちろう) 1892〜1974

大分市に生まれ、京都にて歿。1910年京都市立絵画専門学校別科に入学、翌年改めて、京都市立美術工芸学校に入学する。同校卒業ののち、京都市立絵画専門学校本科に入り、1918年卒業。在学中より文展に出品するがなかなか認められず、1919年第一回帝展にて初入選を果たす。以後、帝展での発表を続け、特選2回、推薦となり、1924年には審査員となる。
円山四条派系の写生を根底に持ちながら、細密な筆致や装飾的な構成を取り入れて、自らの世界を広げ、さらには戦後になって抽象的表現を加えることで、平八郎独自の画風をつくり上げていった。
1947年帝国芸術院会員となり、日本芸術院会員、日展理事、第一回毎日賞受賞。1961年文化勲章を受章する。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved