古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

橋本関雪(はしもと かんせつ) 1883〜1945

神戸郊外(現神戸市中央区楠町)に生まれ、京都にて歿。漢学者の父より幼少の頃より漢学に接する。1903年京都に出て、竹内栖鳳に四条派を学ぶ。1908年文展に初入選、以後文展で活躍する。この年東京の谷中に移転した。
1913年はじめての中国訪問を機に、生涯に渡って30回以上訪中し、作品も中国の故事や風俗をよくした。1919年文展が改組した帝展では審査員を勤め、同時に出品を続ける。
昭和に入ると動物画を好んで制作し、そこに描かれる動物は、人格化され、崇高な雰囲気をかもし出している。四条派とは違った意味の強い存在感を持ち、厳しさと気高さ表している。
1934年帝室技芸員、翌10年帝国美術院会員となる。中国古典にも精通し、多くの著書も出版されている。

 

 

画集及び文献


東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved