古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

速水御舟(はやみ ぎょしゅう) 1894〜1935

東京浅草茅町に生まれ、同地で歿。幼少の頃より絵を好み、小学校卒業後、松本楓湖の安雅塾に入門する。古画の模写を学び「禾湖」の号を受けたのち、今村紫紅らの紅児会に入って、1912年「浩然」と改める。1914年、20歳のとき、母方の姓「速水」を継いで、「御舟」と号した。御舟とは宗達の屏風絵の舟を御する景に由来する。この年、再興院展に院友として推され、紫紅を中心とした赤曜会に加わる。1917年には京都に居を構え、京都を題材とした多くの作品を生んだ。1919年不慮の災禍により左足を失うが、内外に取材を続け、多くの作品をつくり上げていった。
当初より紫紅の影響を受けつつも、それまでの日本画にはなかった写実主義による細密描写を描き、さらには中国宋・元の院体画に共鳴して、より主観的な写実を目指した。次いで、宗達・光琳を見直し日本画としての装飾性に回帰、渡欧を通して、その装飾性を自らの表現に置き換えよう努力する最中、1935年、40歳で夭逝してしまう。

 

 

主な収蔵先

画集及び文献


東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved