古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

鏑木清方(かぶらぎ きよかた) 1894〜1935

東京神田佐久間町に生まれ、鎌倉市にて歿。父、條野採菊は戯作者で「東京日日新聞」「やまと新聞」などを創立した。1889年東京英語学校に入学、1891年水野年方に師事、「清方」の号を受け、挿絵画家として明治風俗を描いた。
1897年日本絵画協会第2回絵画共進会に出品。富岡永洗や梶田半古に影響を受けつつ、日本美術院や烏合会に参加するが、文展開催以後は活躍の場を官展に移す。第3回には入選を果たし、2等、特選、無審査を受け、帝展に改組されてからは審査員となる。文化を継承ながら、意欲的に新たな感覚を取り入れ、知性的な美人画や肖像画を描いた。
1929年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1944年帝室技芸員、1954年文化勲章を受章する。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved