古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

川端龍子(かわばた りゅうし) 1885〜1966

和歌山に生まれ、東京にて歿。上京ののち画家となることを決意、中学を中退して白馬会絵画研究所や太平洋画会研究所で洋画を学ぶ。第一回,二回の文展に入賞も果たす一方で、平福百穂と「国民新聞」の挿絵を描くなど活躍の場を広げていった。
1913年渡米、半年ほどの旅行中にボストンで見た日本古美術に感銘を受け、帰国後は日本画への転身を図り、无声会や珊瑚会に参加する。その後、再興院展を中心に活躍し、樗牛賞を受賞、同人に推挙され、新進作家として注目されるようになった。しかし、新古典主義を掲げる院展中で、龍子の躍動感あふれる力強い作風は馴染むことはなく、1928年同人を辞して青龍会を興す。活躍の場を変えてなお作品の評価は高く、帝国美術院会員,帝国芸術院会員に推されるが、ともに辞退し、在野としての活動に終始した。1959年文化勲章受章。
俳人としても知られており、「ホトトギス」の同人でもあった。

 

 

画集及び文献


東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved