古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

川合玉堂(かわい ぎょくどう) 1873〜1957

愛知県葉栗郡外割田村(現木曽川町)に生まれ、東京都青梅市にて歿。小学校卒業後、京都に出て望月玉泉に学び、「玉舟」の号をもらう。1890年第3回内国勧業博覧会の出品にあたり「玉堂」と改号、四条円山派の幸野楳嶺に入門する。楳嶺の死後上京、橋本雅邦に狩野派を学び、勧業博他さまざまな展覧会にて受章する。1989年雅邦とともに日本美術院創設に加わり、次いで文展にも出品、審査員となる。
日本の伝統的画派を基礎に持ちつつも、自然のありのままの姿を写生し続け、詩情感あふれる風景画を描き続けた。1915年には東京美術学校教授、翌年以降、帝室技芸員,帝国美術院会員,帝国芸術院会員となる。1940年第2回文化勲章を受章。
1934年、東京都下御岳に疎開し、戦後も居を「偶庵」と称して住み続けた。現在は玉堂美術館(吉田五十八設計)として残されている。

 

 

画集及び文献


関連リンク

玉堂美術館

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved