古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

小林古径(こばやし こけい) 1883〜1957

新潟県高田(現上越市)に生まれ、東京にて歿。新潟で山田於菟三郎,青木香葩らに絵の手ほどきを受けたのち、上京して梶田半古に師事する。
今村紫紅,安田靫彦らの紅児会に参加し、文展に出品。明治末、原富三郎の援助を受けつつ、彼の所蔵品を研究できたことがその後の画業に大きな影響をもたらした。
1914年、日本美術院が再興されると同人となり、以後出品を重ねる。青邨とともに渡欧した際、写実に対する東西の相違に着目し、東洋の古典にある存在感を自らの絵に取り入れようと試み、端正な筆致と知性的な表現で格調高い作品をつくり上げていった。1935年帝国美術院会員、1944年には帝室技芸員及び東京美術学校(現東京芸術大学)教授に就任。1950年文化勲章を受章した。

 

 

主な収蔵先

永青文庫
山種美術館
東京国立近代美術館

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved