古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

竹内栖鳳(たけうち せいほう) 1864〜1942

京都に生まれ、神奈川県湯河原にて歿。1877年から土田英林に四条派を、1881年幸野楳嶺により「棲鳳」の号を受け、円山・四条派から雪舟、琳派、狩野派など広範な日本画を学ぶ。1987年には自ら画塾を立ち上げるとともに、それまでの流派にとらわれない新しい日本画を見つけていく。
1900年パリ万博を機に渡欧。翌年帰国して栖鳳と号を改め、西洋画と東洋画の構成の相違に着目、本来の日本画の中に西洋の写実性を表現を試みた。1907年第一回文展より審査員となり、1909年には京都市立絵画専門学校を創設。画塾竹杖会を主宰するなど、後進の育成にも熱心に関わっていく。1913年帝室技芸員、1919年帝国美術院会員となり、東の大観、西の栖鳳と称されて高い評価を築き上げ、1937年第一回文化勲章を横山大観とともに授章。旧来の日本画から近代日本画への転換期の中で、その大きな役割を果たした。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved