古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

土田麦僊(つちだ ばくせん) 1887〜1936

新潟県佐渡郡新穂村井内に生まれ、京都で歿。京都智積院の中学校へ編入するため上洛するが出奔、画家を目指して鈴木松年の門をたたき、のちに竹内栖鳳に師事する。入門後は新古美術品展で受章を重ね、1908年第二回文展で三等を受ける。麦僊の号は栖鳳より受けた。1909年新設された京都市立絵画専門学校別科に同門の小野竹喬とともに入学。画塾、学校での研究とともに黒猫会(シャ・ノワール)や仮面会(ル・マスク)にも参加して研鑽を積む。
その成果として斬新な画風を発表するにあたり、旧態依然としていた文展から離れ、1918年村上華岳、小野竹喬、榊原紫峰らと国画創作協会を設立する。1928年まで続いたこの会では、「湯女」「舞妓林泉」「大原女」を発表し、渡欧を通して近代日本画の新しい様式を常に追求し続けた。
協会の解散後は帝展に復帰し、1934年には帝国美術院会員に任命されるが、1936年惜しくも49歳で他界してしまう。

 

 

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved