古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

有元利夫(ありもと としお) 1946〜1985

岡山県津山市に生まれ、東京にて歿。1969年東京芸術大学美術学部デザイン科に入学。在学中に渡欧した際、イタリアのフレスコ画に強く感銘を受けフレスコ画と日本の仏画に共通点を見出し、岩絵具を用いることを決心する。1972年卒業制作「私にとってのピエロ・デラ・フランチェスカ」10点連作が大学買い上げとなる。卒業後、デザイナーとして電通に勤めるが、1976年より画業に専念。展覧会出品を重ねながら、1978年「花降る日」で安井賞特別賞を受賞。1981年には「室内楽」にて第24回安井賞を受賞する。その後彌生画廊を中心として数々の作品を発表し多くの賞を受けるが、1985年2月24日逝去。岩絵具を使い、風化を意識した絵肌を持たせ、静寂感のある美しい作風は人々を魅了した。

 

 

主な収蔵先

小川美術館
彫刻の森美術館
東京国立近代美術館

画集及び文献


「有元利夫・女神たち」美術出版社1981
「有元利夫作品集」美術出版社1981
「もうひとつの空−日記と素描−」新潮社1986
「有元利夫デッサン集」新潮社1986
「評伝有元利夫−早すぎた夕映」講談社1986
「有元利夫追悼集」彌生画廊1986
「有元利夫全作品集」新潮社1991

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved