古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

藤田嗣治(ふじた つぐはる) 1886〜1968

東京に生まれ、チューリッヒに歿。1910年東京美術西洋画科を卒業、1913年に渡仏しピカソ・モディリアーニ・スーチンらと知り合い研鑚を重ねる。やがて乳白色の平滑な絵肌に面相筆による線描を生かした独特の作風を編み出して、1919年サロン・ドートンヌに入選、会員に推挙される。1921年には同展審査員となり、一躍エコール・ド・パリの寵児として脚光を浴びた。1929年一時帰国したのち1933年までパリを中心に中南米各地で制作、1939〜40年三たび渡仏する。その間、国内では1934年に二科会会員となり、1937年秋田にて壁画「秋田の行事」を完成させる。1941年に帝国芸術院会員となり、戦時下には戦争画を描いた。1949年アメリカを経てフランスに渡り、1955年フランスに帰化。翌56年にはカトリックの洗礼を受けレオナルド・フジタと改名。晩年はランスのノートル・ダム=ド・ラ・ペ礼拝堂の設計,壁画制作に没頭した。終生、卓越した素描力による緻細な線とわずかな色彩による極めて独特な絵を描きつづけた。1957年レジオン・ドヌール勲章受賞、1959年ベルギー王立アカデミー会員。1968年1月29日逝去。

 

 

主な収蔵先

パリ国立近代美術館
秋田市平野政吉美術館

画集及び文献


「藤田嗣治画集」朝日新聞社1929
「巴里の横顔 実業之日本社1930
「藤田嗣治画集」造形芸術社1943
「藤田嗣治画集」日動出版1978
「藤田の生涯と作品−仏文−」ビュイッソン1982
「評伝 藤田嗣治」芸術新聞社1988
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved