古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

川口軌外(かわぐち きがい) 1892〜1966

和歌山県に生まれ、東京で歿。和歌山師範学校在学中より水彩画を嗜んでいたが、1912年に上京、太平洋画研究所に入り中村不折に師事。1914年日本美術院研究所洋画部に学ぶ。1917年第4回二科展に「静物」が初入選。1919〜29年一度の帰国をはさみ滞欧。その間キュビスムに強い影響を受け、アンドレ・ロートやレジェの研究所で学ぶ。帰国後は二科展に出品し会員推されるが、翌1930年には独立美術協会に参加、以後、キュビスム的あるいは抽象的な造形を追求し、幻想的なイメージをつくり上げていった。1943年同協会退会。1947年国画会会員。1966年6月5日逝去。

 

 

主な収蔵先

和歌山県立美術館

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved