古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

香月秦男(かずき やすお) 1911〜1974

山口県大津郡三隅町(現在三隅町)に生まれ、同地で歿。1929年上京し川端画学校に通う。1931年東京美術学校西洋学科に入り、藤島武二教室に学ぶ。在学中の1934年国画会第9回展で梅原龍三郎と福島繁太郎による強い推薦を受け「雪降りの山陰風景」が初入選。1939年国画奨学賞,文展特選を受賞。1940年佐分賞受賞とともに国画会同人に推挙される。1943年応召され満州に配属、敗戦後はシベリアに抑留される。1947年帰国とともに制作を再開し、生涯のテーマとしてシベリア体験を基とした「シベリア・シリーズ」の構想を深めていく。その後、国画会(1962年脱退)をはじめ様々な展覧会に出品。この頃よりその色数が極端に少なくなり方解末をつかったマチエールをつくり上げ、そのテーマとともに一層独自の画風を完成させていく。1969年第1回日本芸術大賞受賞。1974年3月8日逝去。勲三等瑞宝章が追贈された。

 

 

画集及び文献


「画集シベリヤ」求龍堂 1967
詩画集「旅」新潮社 1968
「私のシベリヤ」文芸春秋社 1970
「香月泰男のおもちゃ筺」求龍堂1970
「シベリヤ画集」新潮社 1971
「海拉爾通信」新潮社 1971
「香月泰男」日動出版1977
「画集 香月泰男」毎日新聞社 1979
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved