古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

小磯良平(こいそ りょうへい) 1903〜1988

兵庫県神戸市中央区で生まれ、神戸市東灘区で歿。1925年小磯家の養子となる。東京美術学校西洋画科在学中の1925年第6回帝展に「兄妹」が初入選。翌27年には「T嬢の像」が特選と受賞する。同年美校を卒業し、1928〜30年滞欧。帰国後、帝展や光風会に出品するが、帝展改選に伴い1936年新制作派協会を結成する。卓抜な描写力を基礎とした西洋的な感性の中に日本的油絵を確立させる。人物・女性群像をよくし、近代日本洋画界において代表的な作家。1940年第11回朝文化賞。1953〜71年東京芸術大学教授(後に名誉教授)1983年に文化勲章を受賞。1988年12月16日逝去。

 

 

主な収蔵先

兵庫県立近代美術館

画集及び文献


「日本現代画家選13 小磯良平」美術出版社1954
「小磯良平銅版画作品集」ウメダアート1977
「小磯良平素描集」朝日新聞社1980
「小磯良平石版画作品集」ウメダアート1983
「小磯良平版画集」ウメダアート1986
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved