古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

児島善三郎(こじま ぜんざぶろう) 1893〜1962

福岡市生れ、千葉市で歿。1912年長崎医学専門薬学校に入学するが中退、翌1913年に上京。岡田三郎助の本郷洋画研究所に学び東京美術学校を受験するが、独学にて絵画を勉強する。1921年第8回二科展に「下板橋雪景」等5点が入選。翌年の第9回二科展では二科賞を受賞する。1925〜28年まで滞欧し、帰国後の第15回二科展に滞欧作を陳列して翌年二科会会員となる。1930年脱会。川口軌外・福沢一郎・三岸好太郎らと独立美術協会を創立、南画や琳派など伝統的な日本の造形美を画面に取込み、装飾性に富んだ鮮やかな色彩の作品を描いた。

 

 

主な収蔵先

三重県立美術館
東京国立近代美術館

画集及び文献


「新芸術家叢書 児島善三郎」建設社1932
「児島善三郎画集」美術工芸会1938
「児島善三郎画集」美術工芸会1941
「ふくおか美術叢書一 児島善三郎資料集」福岡市美術館1978
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved