古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

小杉小二郎(こすぎ こじろう) 1944〜

東京都滝野川区(現在北区)生まれ。父は美術学者小杉一雄、祖父は日本画家小杉放庵。1962年工業デザイナーの叔父小杉二郎の影響を受け、日本大学芸術学部工業デザイン科に入学。卒業後工業デザインの道に進むが、1968年再び画家を志し中川一政のアトリエに通う。1970年中川に随い渡仏、一時帰国ののち単身にて再渡仏しグラン・ド・シュミエール研究所に通う。1971年サロン・ドートンヌに「静物」を出品、以後毎年出品する。1974年銀座・彩壷堂にて初個展ののち、東京セントラル美術館をはじめ多くの展覧会に出品。1991年には朝日新聞主催で有楽町アートフォーラム,静岡西武,名古屋松坂屋を巡回する小杉小次郎展を開催。1996年銀座・彌生画廊にて個展。静物や風景を中心として単純化した対象を微妙な色使いによって表現し、マットな質感をもった画面は微妙な静寂感と詩的空間を醸し出す。近年はコラージュやオブジェにも取り組み、岩彩にも挑戦する。

 

 

主な収蔵先

フランス文化庁
彫刻の森美術館

画集及び文献


「小杉小二郎画集」講談社1981
「静物画技法シリーズ」講談社1986
「デッサン集 ささやかな不仕合わせ」求龍堂1987
「小杉小二郎」求龍堂1991
「日経ポケットギャラリー・小杉小二郎」日本経済新聞社1992
「アートトップ叢書:小杉小二郎」芸術新聞 社1992
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved