古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

三岸好太郎(みぎし こうたろう) 1903〜1934

札幌市に生まれ、名古屋で歿。1921年庁立札幌第一中学校を卒業し上京。さまざまな職につき、働きながら独学にて絵を学ぶ。1922年第3回中央美術展で初入選、翌23年には第1回春陽会で入選する。1923年春陽会の同僚5人らとともに麓人社を結成、第1回展を開く。1926年中国を旅行。1930年独立美術協会の創立に参加、フォーヴィスム的な新しい表現方法による作品を発表する。その後、ヨーロッパ前衛美術に強い影響を受け、キュビスム・抽象・シュルレアリスムといった多岐に渡り絵画世界を切り開いていく。夫人は女流画家、三岸節子。画業10年あまりをもって夭折。1934年7月1日逝去。

 

 

主な収蔵先

北海道立三岸好太郎美術館
福岡市美術館

画集及び文献


「三岸好太郎画集」平凡社1965
「三岸好太郎」北海道立美術館1968
「三岸好太郎」日動出版1969
「三岸好太郎画集」朝日新聞社1983
「三岸好太郎 昭和洋画史への序章」求龍堂1992
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved