古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

荻須高徳(おぎす たかのり) 1901〜1986

愛知県中島郡稲沢町(現在稲沢市)に生まれ、パリで歿。1921年上京し、川端画学校にて藤島武二に指導を受ける。翌年、東京美術学校西洋画科に入学し、再び藤島教室に学ぶ。1927年卒業後、山口長男・横手貞美・大橋了介らとともに渡仏。パリでは佐伯の傍らその強い影響を受けつつ、ユトリロ的な風景を描きつづける。1929年よりサロン・ドートンヌ,サロン・デ・ザンデパンダンに出品を続け、1934年ジュネーブで初個展を開催。1936年にはサロン・ドートンヌ会員に推挙される。1940年大戦のため帰国。新制作派協会に会員として迎えられ、第5回展に滞欧作を特別出品、評価を確立させる。1948年日本人画家として戦後初めてフランスへ入国を許可され、再び渡仏。以後、パリを拠点として制作する。堅固かる造形性に富んだ下町風景を中心に描きつづけた。1956年フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章受章、73年パリ市よりメダイユ・ド・ヴェルメイユ授与。1986年10月14日逝去、死後文化勲章を受ける。

 

 

主な収蔵先

真鶴町立中川一政美術館

画集及び文献


「パリ画信」毎日新聞社1951
「フランスの若き画家達」美術出版社1952
「荻須高徳画集」美術出版社1956
「荻須高徳画集」毎日新聞社1965
「荻須高徳画集」毎日新聞社1972
「私のパリ、パリの私」東京新聞1980
関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved