古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

岡鹿之助(おか しかのすけ) 1898〜1978

東京に生れ、東京で歿。1924年東京美術学校西洋画科を卒業し、渡仏。1925年サロン・ドートンヌで「風景」が初入選し、以後も入選を重ねる。1914年帰国し、翌年の春陽会に招かれ、同年第18回展に滞欧作を出品する。新印象主義の点描につながる精緻な筆触、直線・曲線と意識した構図、そして明澄と寒色による色彩の調和により静かな詩情を表現した。1952年「遊蝶花」により芸術選奨文部大臣賞。1964年日本芸術院賞を受賞、1969年会員となり1972年文化勲章を受ける。

 

 

主な収蔵先

下関市立美術館
西宮市大谷記念美術館
メナード美術館
ブリヂストン美術館

画集及び文献


「フランスの画家たち」中央公論社1950
「岡鹿之助」毎日新聞社1968
「作品集 岡鹿之助」美術出版社1973
「フランスの画家たち」中公美術1973
「岡鹿之助画集」美術出版社1978
「岡鹿之助素描」美術出版社1978

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved