古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

佐伯祐三(さえき ゆうぞう) 1898〜1928

大阪に生まれ、パリに歿。1915年中学4年在学中より赤松洋画研究所に通う。1917年中学卒業ののち上京、川端画学校を経て、東京美術学校西洋画科に入学する。在学中の1921年池田米子と結婚。1923年卒業とともに渡仏し、ヴラマンクの教えを受けユトリロの抒情的な作風も取り入れて、激情的だが情感あふれる筆致でパリの街景を盛んに描く。1925年サロン・ドートンヌに「靴屋」が入選。翌26年帰国、里見勝蔵や前田寛治らとともに1930年協会を結成。同年第13回二科会に滞欧19点を発表し二科賞を受賞。1927年石井伯亭の推薦を受け個展を開催。帰国後はアトリエのあった「下落合風景」などを描くが、日本の風景との違和感から制作に苦しみ、1927年再渡仏。制作に熱中し、自己の感受性を思いのままに発揮したスピード感のある強く衝撃力を持った作品を作り出していく。1928年8月16日逝去。

 

 

主な収蔵先

ブリヂストン美術館
和歌山県立近代美術館
大阪市立近代美術館(仮称)
建設準備室

画集及び文献


「佐伯祐三」美術出版社1958
「画集 佐伯祐三」美術出版社1958
「改訂再版 佐伯祐三」美術出版社1966
「佐伯祐三全画集」講談社1968
「佐伯祐三全画集」朝日新聞社1979

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved