古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

坂本繁二郎(さかもと はんじろう) 1882〜1969

福岡県久留米市に生まれ、八女市で歿。1902年同級であった青木繁とともに上京し、小山正太郎の画塾不同舎に入門。1904年に新たに設立された太平洋画会研究所に学ぶ。初期文展にて頭角をあらわし、初期代表作「うすれ日(1912)」は夏目漱石にこの牛は何かを考えていると激賞された。1914年二科会創立に参加(1933年まで出品)。1921〜24年渡仏。 帰国ののち九州に移り、1931には福岡県八女にアトリエをかまえる。中央画壇との接触を断ち、周囲の牧場の馬や身近な静物、そして植木鉢・箱・能面など主題として、最晩年には月の連作に挑んだ。自然を感覚的に描き出すだけではなく、見る人を引き込むような深い存在感を描き続ける。1954年毎日美術賞受賞、1956年には文化勲章を授与される。1969年7月14日逝去。

 

 

主な収蔵先

ブリヂストン美術館
東京国立近代美術館

画集及び文献


「坂本繁二郎文集」中央公論社1956
「坂本繁二郎夜話」求龍堂1958
「坂本繁二郎画談」第一書房1962
「坂本繁二郎画集」求龍堂1964
「坂本繁二郎の道」求龍堂1968
「私の絵私のこころ」日本経済新聞社1969
「増補改訂版 坂本繁二郎文集」1970
「坂本繁二郎作品全集」朝日新聞社1970
「坂本繁二郎」新人物往来社1973
「坂本繁二郎全版画集」形象社1980
「坂本繁二郎の道」求龍堂1981

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved