古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

須田国太郎(すだ くにたろう) 1891〜1961

京都市中京区に生まれ、同地にて歿。1910年第三高等学校在学中より独学で絵を描き始める。1916年京都帝国大学哲学科(美学美術史)を卒業して大学院に進むが、1917年より関西美術院に入ってデッサンの勉強にも励み、実践と理論の両側面から学ぶ。1919年渡欧マドリッドを拠点としてスペイン美術及びヴェネツィア派を研究。1923年帰国、京大美学会に参加するとともに高等学校の講師をしながら制作を続ける。1934年独立美術協会会員として迎えられ、以後同展を中心として活動。1941年日本芸術院会員、1950年京都市立美術大学教授。1956年第28回ヴェネツィア・ビエンナーレに「法観寺塔婆」などを出品、好評を博す。バロックに根ざした明暗・色彩の表現と大胆な構図を東洋的な柔らかさによって構成し、幽玄な世界を生み出した。

 

 

主な収蔵先

東京国立近代美術館
姫路市立美術館

画集及び文献


「西洋美術文庫 グレコ」アトリエ社1939
「須田国太郎」美術出版社1963
「須田国太郎画集」集英社1975
「京都の美術一 須田国太郎」京都市美術館1979

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved