古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

鳥海青児(ちょうかい せいじ) 1902〜1972

神奈川県平塚に生まれ、東京で歿。1927年関西大学を卒業。在学中から春陽会展に出品し「平塚風景」が初入選。1928,29年春陽会賞を受賞。翌30年より渡欧し、パリを中心としながらアルジェリア・スペインを旅行、ゴヤ・レンブラント・ドーミエらの影響を受ける。1933年帰国して春陽会会員となる。1943年独立美術協会会員。インド・エジプト・中南米・中国を旅して、独特の風土感を持たせた味わいのある色彩と重厚な質感をあらわす画面を組み合わせ抒情的な作風を制作した。1956年「家並み」により芸術選奨文部大臣賞、1959年第10回毎日美術賞を受賞する。1972年6月11日逝去。

 

 

主な収蔵先

平塚市美術館
神奈川県立近代美術館
福岡市美術館

画集及び文献


「鳥海青児滞欧素描集」1958
「鳥海青児画集」三彩社1967
「鳥海青児の芸術」三彩社1974

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved